沖縄の海で青の洞窟体験ダイビング

沖縄ダイビングで青の洞窟体験!水中写真撮影で沖縄の旅の思い出をつくりませんか? - 自分のダイビング器材を持つ

自分のダイビング器材を持つ

Cカードも取得してある程度ダイビングに慣れて来たら、そろそろレンタルではなく自分の器材が欲しくなるかもしれません。
ゴルフや釣り、音楽などの趣味においては自分に合った道具にこだわりを持っている人も多いです。
その道具を集めたり、自分でメンテナンスすることも、楽しみのひとつになるかもしれません。

しかし、ダイビング道具にはかなり高額のものもありますので、一度に一式購入するのは簡単ではありません。
ですので、より自分に合ったものが必要な道具から揃える事で、ダイビングの快適性を上げてみましょう。

<より自分に合ったものが必要な道具>
まず、ウェットスーツが挙げられます。自分にぴったりと合ったサイズでなければその保温効果を十分に発揮することができなかったり、動きが制限されてしまったりします。
ですので、これを自前で用意することでダイビングの快適性はかなり向上します。
そして、マスクやシュノーケルも自分に適したものを用意することで、かなりダイビングを快適に楽しむことができます。
視力の悪い人のために度の入ったマスクをつくることもできます。
シュノーケルも自分に合った形状や、パイプ内径のものを選ぶことで、より使用しやすくなるでしょう。
慣れた道具を毎回使用することで、よりダイビングを快適に楽しむことができます。
メンテナンスについても、信頼出来るダイビングショップで購入すれば気軽に質問することができますし、的確なアドバイスを受けることができるでしょう。

関連する記事

  ← 前の記事: