沖縄の海で青の洞窟体験ダイビング

沖縄ダイビングで青の洞窟体験!水中写真撮影で沖縄の旅の思い出をつくりませんか? - ダイビング中の水中撮影

ダイビング中の水中撮影

海の中というのは、神秘的で美しいものです。
特に沖縄の海は、とても穏やかで、世界で屈指の美しさを誇り、さまざまな生物が生息しております。
そのため、沖縄ダイビングをする際、その様子を自分の目で見るだけではなく、写真に残していろんな人に見てもらいたいと考える人も少なくありません。

水中撮影には、当然防水カメラでなくてはなりませんが、それだけではせいぜい水深5~10m程しか耐えられませんので、ダイビングする場合は、水中ハウジングという防水のケースも必要となります。
カメラが用意できたら、あとは撮影するだけですが、撮影するにはまずダイビングのテクニックも兼ね備えておかなければなりません。
被写体に気付かれないように近寄るアプローチ技術や、体を自由に動かしたり止めたりする技術などがそうです。もしダイビングがまだ不慣れな方は、水中撮影は控えた方がいいでしょう。

最後に撮影のテクニックですが、海に深く潜るほど光が届かず色が失われていくので、ストロボを上手く使う必要があります。また被写体に逃げられないように適切な間合いを取り、自分自身も水中の浮力に流されないように体を固定し、撮影しなければなりません。
地上の撮影とは違い、かなり難しい水中撮影ですが、それを極めた時には、思い出に残る新たな写真が増えていくことでしょう。

kinensatuei

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →