沖縄の海で青の洞窟体験ダイビング

沖縄ダイビングで青の洞窟体験!水中写真撮影で沖縄の旅の思い出をつくりませんか? - 沖縄ダイブ

沖縄ダイブ

一年中ダイビングができる場所といえば沖縄 です。

ダイビングを始めて今年で2年が経ちました。
「今が一番楽しい時だね」ってガイドの方や同行する方たちに言われます。
たしかにどこに行っても初めての経験で、どの景色も初めてみるものばかりです。
冬季間でもダイビングやりたいと、友達を誘って沖縄まで行ってきました。

普段お世話になっている地元のショップの方は、冬の海の方がプランクトンが少ないからきれいな海で、
特に離島に行ったら40m以上の透明度 もあるかもしれないって。
それを聞いたら「行かねばなるまい」みたいな感覚でチケットを買っちゃいました。
できればシケていない海で、日差しがあって、風も少なくって…。
そんなことを考えながら週末はダイビングを楽しんできます。

umi

沖縄を好きになったきっかけ!

好きな小説の中で、沖縄でダイビングをするくだりがあって、わたしはずっとそれに憧れていました。
もちろん、小説の中での話ですからかなり幻想的に書いてあって、実際にやってみたらそれほど凄くもないのかもしれませんが、それでもやはりわたしにとっては「沖縄の海の中」という場所が憧れ
になっていました。

そんな中、わたしにも沖縄へ旅行をする機会があらわれました。
大学生のときサークル活動で合宿をおこなう場所が沖縄になったのです。わたしの大学は沖縄とは反対の、言ってしまうと雪国の地域にあって、そこが地元でもあるので沖縄に行ったことはありませんでした。
お金もかかるし、諦めていました。それが今回、合宿のために安く沖縄へ行けることになったので、これはダイビングをするしかない!と思い、自由行動の時間を確認して、数人と即予約しました。

沖縄ダイビングライセンス取得をおこなうダイビングショップへとレンタカーを借りて移動して、感嘆しました。
本当に、ひたすら青い海が広がっていました。
わたしたちが行ったビーチは、砂浜が少なく、ちょっと泳ぐとすぐに深くなっていて、非常にダイビング向きでした。
イソギンチャクが揺れて、サンゴ礁にはクマノミが隠れているのも見つけ、仲間たちは大興奮。
わたしは、長年憧れていた場所に辿りつけた嬉しさで感動してしまいました。実際は、小説よりもっと幻想的で美しかったです。
このときから沖縄は、また行きたい場所となっています。

■沖縄ダイビング・シュノーケリング-沖楽-
http://xn--eckya9b6d1ho13pw75btq1aw4b.jp/